ピルを飲み忘れたら一度服用中止してまた再開しよう

ピルは服用することで避妊以外でなく様々な効果を期待できる薬ですが、一番大変なのが毎日飲む必要があることです。

生理周期は、だいたい28日間と決まっています。
その28日間のうち、生理中の期間が7日間ほどあるとして、その7日間だけは薬の服用をせず、残りの21日間は毎日飲み続ける必要があります。

ピルには、21錠入りのシートと28錠でできたシートがあり、21錠のシートは1シートを飲みきったら7日間休んで、また次のシートを飲むというものです。
28錠入りのシートは、飲み忘れを防ぐためのシートで、最後の7錠分には薬の成分が入っていない錠剤で、初めてピルを飲む人向けのシートです。

ちなみに、なるべく決まった時間に飲むことが良いとされていますが、1~2時間ほど時間がずれてしまっても問題はないとされています。

初めのうちは、一生懸命忘れずに飲むようにしますが、毎日のことなので、慣れてくるといつしか忘れてしまうこともあるかと思います。

例えば、飲み忘れたのが一日しか経過していない場合は、すぐにそれを飲んで、その日の分の錠剤も飲みます。

しかし、飲み忘れたのが三日以上経過している場合は、一旦服用中止にして、途中になってしまったシートは処分して生理が来てから次のシートを飲むのを再開しましょう。

服用中止すると、数日後に排卵が起こって生理が再開します。

ピルは、飲み飛ばしたり、飲み忘れたのに服用中止せずまた飲み続けたりすると、避妊の効果があやふやになって予期せぬ時に排卵して急に妊娠する可能性もあります。

ピルで人工的に妊娠した状態を保っているため、排卵においてもこの時期に規則的に起こるというわけでなく、そのサイクルも狂ってしまうこともあるのです。

そのため、飲むサイクルも崩れてしまったら、一度そのサイクルを戻すためにも整理を確認してからまたピルの服用を再開するようにしましょう。