避妊薬のピルは婦人科で処方してもらえます

生理のある女性に取って、異性とお付き合いをするうえで、妊娠という可能性は、少なからずついて回るものです。子供を持つ意思がないのであれば、当然ながら避妊対策は取らなければなりませんが、それは確率の高い、完璧なものでなければなりません。我が国においては避妊対策といえばコンドームを挙げる方が多いですが、この避妊具は正しく装着することが出来ていれば、妊娠を回避できる確率は高いものですが、射精後に破損に気がついた、はずれていたなどという事故も意外と多く、結果妊娠につながってしまっている方も少なくありません。そういったことにならない方法では、やはりピルの服用が望ましく、より完璧に避妊が可能となります。近年では低用量ピルが解禁となっており、今まで心配されていた副作用も少なくなっており、身体にも負担なく服用できるようになっているので、女性に取っては喜ばしいことです。このピルは、婦人科クリニックで処方してもらえますが、一番最初に飲み始める場合には、色々な検査を受けなければなりません。低用量といえどもピルはホルモン剤なので、安全性を考えれば、喫煙量の多い方などは服用できない場合もあります。性感染症や婦人科疾患がないか検査を行い、医師が大丈夫と判断すれば処方してもらえます。またピルを服用している限りは、定期的に婦人科検診は受けたほうが良いとされており、それ以外は薬だけ処方してもらえます。最近は、インターネット通販サイトでも医薬品が取り扱われるようになっており、こういった薬も処方箋なしでも買えるようになっているので、身体に合った決まったピルが見つかっている場合などは、ネット通販で購入すればかなりコストダウンできるようです。