月次アーカイブ: 12月 2014

避妊の重要性についてご説明します。

避妊は、性交渉の際に妊娠しないようにするためにおこなうものです。
避妊したからといって100%妊娠しなくなるかというと、そうではありませんが、しないよりもした方が確実に妊娠確率は下がります。

世の中には、望まない妊娠によって苦しむ人が多くいます。
妊娠した女性が苦しむだけでなく、パートナーや生まれてきた子供が苦しむことも多いです。
幸せな人生のためには、避妊はとても大事なことなのです。

避妊の方法は色々とあります。
最もポピュラーな方法は、男性がコンドームを着用するというものです。
女性用のコンドームもあります。
着用することで、精液が女性の膣内で留まり、子宮に入らなくなるのです。
子宮に入らなければ、精子と卵子とが結びついて受精卵となることはありません。

また、ピルという医薬品で妊娠確率を下げることもできます。
ピルは女性が服用するホルモン剤で、排卵を止める作用があります。
排卵が起こらなければ、精子が子宮内に入っても、やはり受精卵となることはありません。

しかしいずれの方法も、先述したように確実に避妊できるというわけではありません。
少ない確率ですが妊娠することもあります。
したがってより確実な避妊をするためには、複数の方法を組み合わせることも肝心です。
そうすることで、望まない妊娠を避け、望んだタイミングで妊娠でき、人生を計画的に歩んでいくことができるようになるのです。