月次アーカイブ: 2月 2016

旅行などのイベントで生理が重なってしまうと大変なものなのですが、そのような時にはピルが強い味方になってくれるでしょう。ピルは経口避妊薬と呼ばれることもあり、2種類の女性ホルモンを含んだ薬であるため、生理の予定日を変更するために服用することもできます。服用の仕方によって生理を遅らせたり早めたりすることができるため、正しい服用方法を知っておくと良いでしょう。ピルを服用することで生理予定日を調整することができるのですが、難しそうだと考えている人もいるかもしれません。ちなみに、避妊目的で処方されるピルには、女性ホルモンの含有量によって低用量と中用量という2つの種類があります。中用量の方が副作用が起きやすいのですが、より高い避妊効果を期待できるとされています。中用量ピルを飲み始めてから起こる副作用としては、吐き気やめまい、頭痛、乳房の痛みなどといったものが挙げられます。また、頻度は少ないですが血栓症などの重篤な副作用が起きてしまうこともあるので注意しましょう。ふくらはぎの痛みや手足の痺れ、息切れなどは血栓症の初期症状とされているため、ピルを服用してこのような症状が現れた場合、すぐに服用を中止して医師に相談しましょう。また、35歳以上で1日15本以上の喫煙をする人は血栓症のリスクが高まるため、あまりピルがオススメできません。ちなみに、ピルではなく基礎体温にもとづく避妊法を行っているという人もいるかもしれません。基礎体温にもとづく避妊法は簡単にできるものなのですが、あまり確実な避妊方法であるとは言えません。特に産後はホルモンバランスが乱れやすいため、基礎体温に頼るのはあまり良くないでしょう。